ボランティアご依頼の方へ

当HPに、沢山のボランティアのご依頼をいただきありがとうございます。
お問い合わせ欄のメールアドレスが使用できなく、ご不便をおかけして申し訳ありません。
ボランティアのご依頼について再度お知らせします。

まずご依頼は、当HPのトップページか、ボランティア日記のコメント欄から、メールを送信してください。その際に
(1) ご依頼者のメールアドレス(PCか携帯の)
(2) 施設名・施設のご住所
(3) 連絡先電話番号
(4) 訪問希望日・時間

以上4点を必ずお書きください。
こちらからご記載のメールアドレスに返信いたします。
返信するメールはフリーメールではなく、プロバイダからのメールです。
よって、着信拒否設定を必ず外しておいてください(よく送れない場合がありますので)

※ 大体3ヶ月前くらいにご依頼いただければ確実に訪問できると思いますが、
日にちがあまりない場合はお応えできないことがあります。
メンバーも仕事を持っており、先着順にお受けしておりますのでご了承ください。

※ 私どもボランティアグループ『笑』は徳島県在住のメンバーで構成しております。
時々県外からもご依頼をいただくのですが、ボランティアでの訪問ですのでお断りしております。

徳島県以外のご依頼は、当HPの右下『リンク』の欄に「お笑い福祉士全国の会」のHPがありますので、そのHPのお問合わせ・質問欄からご依頼ください。
大阪に事務局があるので、そちらから連絡があると思います。
ただし、お笑い福祉士は今のところ、徳島・高松・大阪・姫路・和歌山の5県だけですので、関西圏のご依頼に限ると思います。ご了承ください。

 

おバカな二人が(笑)

先月取材を受けていた『とばとば姉妹』ですが、早速「月刊徳島人6月号」に載りました。
なかなかの内容です(笑) 興味のある方は本屋にGO!!

   

とてもよくまとめてくださり、徳島人の記者さんに感謝。
うたしは本名なのに、千壽は芸名のままっていうのも笑えます(^^)v
なぜかと言うと、千壽は「匿名希望」と言っていたからです(笑)
本当に希望通りにしていただき、ありがとうございます。
徳島人の回し者じゃないけど、買って読んでね(笑)

いよいよ全国交流会

久しぶりの更新です(苦笑) HPの更新をさぼってて申し訳ありません。
その間ボランティアはいろいろと行かせていただております。
またHPには何件か施設からご依頼もいただいており、できるかぎり対応しておりますので
今後ともよろしくお願いします。

さて、いよいよ待望の5月です。
27日(土)交流ボランティア、28日(日)交流会と、全国のお笑い福祉士が徳島に集合です。交流ボランティアでは、徳島市内の8施設に、同時刻にグループ別でボランティアに参ります。
訪問予定施設は下記の通りです↓
施設の皆様、楽しみにしててください。

デイサービスきたじま
デイサービス大和
青香園
藍寿苑
デイサービス雅
中徳島の家
おおつ苑
デイサービスおひさま

施設には各県のお笑い福祉士が参りますので、徳島のメンバーとは違ったお笑いをお楽しみください。きっと各施設盛り上がると思います。

翌28日(日)は、朝10時から西富田公民館で、お笑い福祉士による落語会です。
一般の方々も参加無料で聴いていただけます。ただ西富田公民館には駐車場がないので
お車でお越しの際は、近隣のミニッツパークをご利用ください(終日400円です)
午後からはお笑い福祉士同士の懇親会が同会館で開催されます。
これは一般の方々は参加できません。ご了承ください。

全国のお笑い福祉士の皆様、徳島メンバー一同心からお待ちしております(*^_^*)

お詫び

ボランティア以外にもいろいろと雑用が多く、HPの更新が滞っております。
HPをご覧いただいている皆さま、そしてボランティアのご依頼をいただいています
施設の関係者の皆さま、大変申し訳ありませんm(__)m
3月も同様になりそうなので、誠に勝手ながら、しばらくHPの更新をお休みします。
ご了承ください。
既にメールをいただいている方々には、遅くなりましたが返信致しました。
個々にご相談したいと思います。よろしくお願いします。
またHPの再開は、5月のお笑い福祉士全国交流会の後、考えたいと思っています。
ボランティアは、予定通り参りまーす!(^^)!

宝家千壽

2017年2月のボランティア訪問予定

この前、新年おめでとうございますなどと言っていたのが、早や2月。
きっと2月もあっという間だと思われ(苦笑)
寒さももう少しの辛抱と言い聞かせ、ボランティアに励みたいと思います。

3日(金)     デイサービス雅

9日(木)     中徳島の家

16日(木)    大神子デイサービス

19日(日)    おおつ苑

20日(月)    デイサービス山城

23日(木)    デイサービス長生苑

24日(金)    デイサービス笹木野

西富田寄席

新年会の次の日(21日:土)は、毎年恒例「西富田寄席」でした。
今年の参加者は↓の面々です。
元気さん&花火さんはお囃子担当で、千壽は裏方でお手伝いでした。

 師匠の挨拶 小びん太さん初舞台。 ちゅんちゅんさんは流石、皆大笑い。 愛どるさんは自身の創作落語。 ふくちゃん&オカリーナさん。 師匠の落語「親の老いを受け入れること」

___________________中入り_________________________

 やいとさん「酉」 田楽さん「阿波狸合戦」 ジンジャーさん「安木節」 おんちさん「南京玉すだれ」

今年も西富田地区の皆様に笑っていただき、全員気持ちのいいスタートとなりました。
5月の全国交流会は、ここ西富田公民館で開催致します。
立派な舞台ですので、皆様演りがいがありますよ。
楽しみにしててくださいね(*^_^*)

カルチャーの新年会

1月20日(金) 徳島教室の新年会でした。
今年は出席者が少なくて、9名でした。
少し寂しかったのですが、新しいお仲間が増えてよかったです。
新しいお仲間は「ふなき家小びん太」さんです。大学の落研出身なので、早くも
皆と同じレベルで、ボランティアに参加してもらえそうです。楽しみです(^^)v

 美味しいお料理と 楽しい仲間と そして美男美女(笑)

2017年1月のボランティア訪問予定

新年明けましておめでとうございます。
酉年です。今年も元気にボランティアに飛んで行きまーす(笑)
本年もよろしくお願いしますm(__)m

6日(金)     伊月病院&デイサービス大和

7日(土)     障害者交流プラザ

12日(木)    ナーシングホーム伊月

19日(木)    やすらぎ荘

21日(土)    西富田寄席

27日(金)    デイサービスおひさま

29日(日)    笑常亭

第3回お笑い福祉士イベント

12月19日(月) 大阪でお笑い福祉士イベントがあり、徳島より千壽が参加しました。
今回のテーマは「落語と老い」
第一部 創作落語「親の老いを受け入れる」 笑福亭學光師匠
第二部 講演「老いに向かって」 佐藤幸慶徳寺住職
「平穏死とは」 長尾和宏医師

第三部 3氏による対談

  
会場の読売新聞ビルには、早くから大阪のお笑い福祉士メンバーがお手伝い。
千壽は皆の活躍を見てました。今日はお客さん気分です(ごめんなさい)
開演前には満席になり、140名を超えるお客様で熱気ムンムンでした。
平日のお昼なのにすごいなあと思いました。さすが大阪です。

←写真は第三部の様子です。

第一部の學光師匠の創作落語は、笑いありほんのり涙ありのお話でした。
最後に長尾先生の著書から引用した詩を朗読されるのですが、胸に詰まるものがありました。
佐藤住職のお話は仏法用語を用いながら、生き方を説かれていたように思います。
人は幸せの中にいるのに気付かない。満足が故に不満足になる。それは残念な生き方であると。また言霊の大切さなど、普段気づかないことに気づかせていただいた気がしました。
長尾先生は、ご自分の生い立ちからお父様のことを話されながら、うつ病には笑ったり泣いたりする方がいいと。お笑い福祉士の意義は年々高まっていくだろうとも仰っていました。
平穏死とは「枯れること」 今の医学では枯れさせてくれない、最後の点滴で溺れるとも。

親の老いを受け止めることも、また自分自身の老いを受け止めることも大変だなあと感じました。でも受け止めなければいけないとも思います。
こうやって文章にすると何か難しい話ばかりの講演だったのか?と思われるかもしれませんが
決してそんな堅苦しい話ではなくて、學光師匠の言われた「みんな一緒にボケましょう」(笑)
でいいんだと思います。自然に老いていけたらいいなと感じました。

大阪のお笑い福祉士のメンバーにまた会えて幸せでした。
ありがとうございましたm(__)m

ボランティアご依頼について

当HPに、沢山のボランティアのご依頼をいただきありがとうございます。
お問い合わせ欄のメールアドレスが使用できなく、ご不便をおかけして申し訳ありません。
ボランティアのご依頼について再度お知らせします。

まずご依頼は、当HPのトップページか、ボランティア日記のコメント欄から、メールを送信してください。その際に
(1) ご依頼者のメールアドレス(PCか携帯の)
(2) 施設名・施設のご住所
(3) 連絡先電話番号
(4) 訪問希望日・時間

以上4点を必ずお書きください。
こちらからご記載のメールアドレスに返信いたします。
返信するメールはフリーメールではなく、プロバイダからのメールです。
よって、着信拒否設定を必ず外しておいてください(よく送れない場合がありますので)

※ 大体3ヶ月前くらいにご依頼いただければ確実に訪問できると思いますが、
日にちがあまりない場合はお応えできないことがあります。
メンバーも仕事を持っており、先着順にお受けしておりますのでご了承ください。

※ 私どもボランティアグループ『笑』は徳島県在住のメンバーで構成しております。
時々県外からもご依頼をいただくのですが、ボランティアでの訪問ですのでお断りしております。

徳島県以外のご依頼は、当HPの右下『リンク』の欄に「お笑い福祉士全国の会」のHPがありますので、そのHPのお問合わせ・質問欄からご依頼ください。
大阪に事務局があるので、そちらから連絡があると思います。
ただし、お笑い福祉士は今のところ、徳島・高松・大阪・姫路・和歌山の5県だけですので
関西圏のご依頼に限ると思います。ご了承ください。

今後も多くの皆さまの笑顔をいただきに参ります。
よろしくお願いします。

illust2201_thumb 109_02